ガンダム+ガンダムコレクション

ガンダムコレクションを集めようブログ
このサイトはガンダムコレクションのブログページです




<< 「ロコロコのうた」発売! | ガンダムコレクション〜ガンダムコレクションを集めよう | αアジール製作レポート >>
スポンサーサイト
| この記事のカテゴリーは- | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

2&3弾から39機が入箱
| この記事のカテゴリーはダブリ販売@秋葉原 | comments(0) | trackbacks(0) |
開封済みガンコレを売るレンタルボックス@秋葉原
Vol.2と3から39機を追加した。

これで箱にあるのは、Vol.1,2,3,5。



今回からラベルを手書きではなく、プリントにすることにした。


クッキリ見えて素敵



店内の人の動きを観察し、客になりきって自分の箱を眺めてみて、

このブログを読んで来てくれる人以外(多くの箱を流し見ている人)には
何を売っている箱か分からんことに気づいた。


店員さんにサンプルを置いても良いか尋ねたら
「関係ない物は置けませんけど、ガンコレを売ってるんだからいいですよ」
との答え。
なるほど。
よかった。
・・・あ!「ガンコレ」って言った!


自分の箱をブログ用に撮影していたら、店員さんに咎められてしまった。

店内撮影禁止は世間の常識で、私が箱の契約者か否かは店員さんや
他のお客さんには分からないわけで、ご指摘はごもっとも。
もー撮らない。
だけど最後に、その時に撮っちゃった写真だけは許してくださいませ。


箱に置いた紹介文とサンプル。

店員さん同席なら撮影可、とかにならないかなー。


しかし値付けは難しい。

「値付けこそ経営だ」とは稲盛和夫の言葉だが、
プロダクトアウト的に、提供する財やサービスが顧客に与える価値を正しく読むべしって意味だろうか?
それとも、マーケットイン的な解釈をするべき?会計の重要性を説いているのかも?
今度著書を読んでみる。

ちゃんと意味を理解せずに単語の字面だけで判断して知ったように書かれたエントリーは読んでてイタイ。
ロングテールとか、ロングテールとか、ロングテール。
自分にもその傾向があるので猛省。




スポンサーサイト
| この記事のカテゴリーは- | - | - |



   はてなブックマークに追加 この記事を「はてなブックマーク」に追加する









http://gundams.jugem.jp/trackback/166
このページの上部に戻る▲
ガンダムコレクション■
幸福の羅針盤ランキングに参加してね 人気サイト ランキングナビ
このページの先頭へ ガンダムコレクション